ライター及び創作に於ける   思考と感性の一考察


by tamami
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

一つの指針

c0265736_18481414.jpg


時々霧が立ち込める中でちいさな一点の光りを見つけたら
しっかり眼と心でキャッチ・・・離さずに掴まえて何処までも・・・

★★

創作でも文章でも書くことによって行動することによって
掴めるものがあります。

同様に何かが見えて来たり見えたり致します。

書くことにより掴めた事 あるいは見えた事で徐々に
目的に近づいていることもございます。

それは新たな指針を得る事に繋がったり、あるいは
新たな方向性が見えて来ることにも通じます。

この連続性や連鎖は体感と体得の手ごたえであり、
ささやかなりとも気力のドアをノックしたことで
次の扉のドアが開かれるのです。

せっかく見つけたドア、せっかく開いた入り口です。
ドアノブを開いてずずーっと 奥へ・・・

では、今日は何を書きましょうか?
何を創作致しましょうか?

決められた課題に沿ってショートショートの学習も良いでしょう。
継続こそ力なり・・・です。

ピカリと放った光りは一つの指針でもあります。
ピピッと感受したならば光りのある方へ進みます。
何があっても大丈夫・・・一点の光りだけを見つめ
一点の光りを突破しましょう。・・・自戒 自戒






*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*
デジタル大辞泉の解説.
し‐しん 【指針】
1 磁石盤・時計・各種メーターなどの指示装置についている針。
2 物事を進めるうえでたよりとなるもの。
  参考となる基本的な方針。手引き。「人生の―とする」
*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*―――――*★*
大辞林 第三版の解説.
ししん【指針】
① 時計・計器類などの針。
② 取るべき態度や進むべき方向を示す方針。 「 -を与える」
[PR]
by tamami-mokusiroku | 2013-07-31 18:53